WordPressのリビジョン機能や自動保存機能を無効にする方法

リビジョン機能は停止しよう

無料レンタルサーバーなので、できるかぎり利用容量の節約をしたいです。なのでWordpressに備わっている「自動保存される2つの機能」をなんとかします。「自動保存機能」と「リビジョン機能」です。

「自動保存機能」とは

Word文書などに例えると「自動的に上書き保存してくれる」機能です。

投稿ごとの自動保存は最大一つまでとなっています。新規自動保存は、以前の自動保存投稿を上書きします。つまり60秒ごとにデータベーステーブルが肥大していくわけではない、ということです。codexより引用。

サーバーを逼迫させる原因とは考えられない便利な機能なのですね。であるのなら放置決定です!

※これを停止させたい場合は「Wordpress 自動保存機能 停止」などで検索するとfunctions.phpに書く方法やプラグインでなんとかする方法が多くヒットします。

「リビジョン機能」とは

リビジョン営業中の図

同じくWord文書などに例えると、一定時間が経過したら自動的に「名前をつけて保存」する機能です。この「名前」とは投稿記事のタイトル名ではなく、データベースで管理している記事IDが該当します。一定の時間で自動的に新規IDが付与されて、今書いている記事の複製が行われます。記事を書いている間の履歴内容を自動的に保存してくれるので、あとで履歴の比較ができます。

この「リビジョン機能」はメモ帳などのエディタで書いた文章をまとめてコピペして投稿、という運用ではいらない機能です。数年後に振り返ると、本ちゃん記事の総数よりもリビジョンで自動的につくられた記事のほうが数十倍多い、という結果になりそうです。

ずっとゴミ出しをしない感じですね。長期運用を考えるとやめたい機能です。

なお、今までずっと放置で保存され続けたリビジョンは、「Better Delete Revision
というプラグインを使えば、いつでもまるっと消すことができるようです。

今回は初めからこのリビジョン機能のみ、初回の投稿時から停止させようと思います。

対象ファイルとその手順

【対象のファイル】

wordpress/直下にあるwp-config.phpにコードを記述するだけでOKです。

【手順】

wp-config.phpファイルを開く

一番下の、このコード↓を探します。


これの直前にリビジョンを無効化するコード↓を書きます。


これでリビジョン機能が停止します。

リビジョン停止の図

なお、falseの部分でリビジョン数を制限できます。

  • true(デフォルト), -1: すべての履歴を保存
  • false, 0: 履歴をまったく保存しない(各投稿1つの自動保存を除く)
  • 1以上の整数: 各投稿につき、指定された数の履歴(プラス自動保存1つ)を保存する。古い履歴は自動的に削除される。

 

以上です。

■サムネイル画像の自動生成を無効にする方法

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)