WordPressを使い始めたばかりの人に教えてあげたい便利なプラグイン

あとで丁寧に書込みしますが、とりあえず以下全部。履歴をとるようなサーバーに負担をかけないようなもので、セッティングが簡単もしくはしなくて良いものを中心に。

画像を自動で最適化(EWWW Image Optimizer)

EWWW Image Optimizer

【すげぇのポイント】

投稿画像を劣化させずに自動最適化してくれるすごい奴。しかも過去に投稿した画像もまとめて一括自動最適化機能搭載!アップロードしたファイルを自動的に圧縮してくれる。から、サーバーに上がる写真群のサイズも減るしサイトの表示スピードも上がるし、自分はそーゆー手間をかける必要がなくなるから三方良し!※けども画像幅サイズだけは自分でなんとかしたほうが見栄えいいと思う。

【設定方法】

プラグイン有効化後、
1.プラグイン→EWWW Image Optimizerの下にある「Settings | 停止 | 編集」の「Settings」クリック
2.Basic Settings→Remove metadataにチェック入れる
(画像についてる個人情報がバレそうなメタデータを削除することでファイルサイズをさらに軽くします。)
3.Conversion Settings→Hide Conversion Linksにチェックを入れる
(メディアライブラリでjpgからpng形式に変えるプラグインの機能を停止させる。不要ですよね。)
4.Save Changesボタン押す。だけです。

【おまけ情報】

これ、すでにアップロードした画像もまるっと一括圧縮してくれます。
管理画面→メディア→Bulk Optimize→Optimize Media Libraryの「Start Optimize」押す。

【EWWW Image Optimizerの使い方を一番わかりやすく学べたサイト】

サイトに掲載したまま画質を劣化させずに画像圧縮ができる EWWW Image Optimizer

目次を自動生成(Table of Contents Plus)

Table of Contents Plus

【すげぇのポイント】

h2,h3,h4,h5,h6と見出しの階層を自動判別して目次としてまとめてくれる。このブログにも「目次」として使っています。
自動でやってくれるのが憎いですね。わざわざ目次つくらなくてもいいしので、手間をかけなくても
いかに自分が適当な項目つけて記事を書いているかよく分かります。
※グーグルさんが見やすいようにするためにも必要ですね。。。文才なき自分はかなりの確立で。

【設定方法】

プラグイン有効化後、
1.プラグイン→Table of Contents Plusの下にある「Settings | 停止 | 編集」の「Settings」クリック
2.Main Options→Positionにのプルダウンメニューを「TOP」にする
(自動的に出す位置を決めます。)
3.Auto insert for the following content types→postにチェックを入れる
(デフォルトではpageになっています。ページのみ。投稿に出したいのでpostへ変更です。)
4.Update Optionsボタンを押す。おしまい!

【おまけ情報】

これ、stinger5の画面にきっちり入れるには、Appearance→Width→95%に。
ちょうどサイト幅になります。

【Table of Contents Plusの使い方を一番わかりやすく学べたサイト】

記事の見出しごとに目次を作ってくれるプラグイン『Table of Contents Plus』が役立ちすぎて興奮!

・Broken Link Checker
 リンク切れをチェック。設定でリンク切れのリンクは自動でリンクを削除する。

・AddQuicktag
タグの入力が簡単に。

・Google XML Sitemaps
 Googleサイトマップ作成

・PS Auto Sitemap
 ユーザー用サイトマップ作成

・PubSubHubbub
 indexを強化します。

・WordPress Meta Robots
記事毎のindexを設定

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)