モバイルWi-Fiの賢い選択方法はゲーマーから教わった

Wifiは生き物。いつになっても枯れない最高の【モバイルWi-Fiルーター/ポケットWi-Fi】の選び方を見つけてしまいました。

インターネットにつないで瞬殺バトルゲームを好んでやってるゲーマーの友人、
そして、即レスポンスが必須となるデイトレーダーの友人、
その2人が使ってる無線Wifiが、偶然にも同じだった!ということからヒントを得た選び方です。
この友人双方に人間関係はありません。好きなことをストレスなくやりたいために選んだWifi。
彼らから学んだ選び方のポイントを書いてみました。当然ながらそのWifiは財布に優しいのが第一条件です。

持ち運びできるWifi選びで困っていませんか?

インターネット接続でこんなことで困っていませんか?

これから一人暮らし始めるのだけど、そもそもWifiってなんだ? とか
専門用語はいいから、簡単にいちばん良い商品が今すぐほしいんだけど、とか
Wifiを探し続けて、YesかNoかを決定するのに背中を押してほしい、とか
ケータイのテザリングで、すぐに通信制限でダメになって困ってる、とか
スマホの充電量を気にすることなく外でもネットにつなぎたい、とか
家のベットでオンラインゲームを思う存分したい、とか
トイレにこもりながらデイトレードしまくりたい(笑)、とか
コスパ最高が好きなので、納得するまで知りたい、とか。

何はともあれ、とにかくお財布に優しいことが一番ですね。

オンラインゲームでポケットWi-Fiを使ってる友人

オンラインゲームでは、ほんの少しのレスポンスのズレで、攻撃されてしまう。ので、
基本的に家でネットにつなぐときは有線。絶対に有線!と断言してた。

が、一人暮らしをはじめたとき、有線契約と工事が面倒になった。
で、ゲームに向いてる無線Wifiを数週間かけて見つけ出した。

外でも使える有線並のキレなさで、今や、この端末ひとつでオンラインゲームをやってます。

なんや専門用語となりますが、速度がいくら早く出ても「PING値が低く安定」しないと、
データ転送とモニターとの間にタイムラグが出てしまう。
それをクリアした【モバイルWi-Fiルーター/ポケットWi-Fi】があった、とのこと。マニアックだな。。。

デイトレーダーでモバイルWi-Fiルーターを使ってる友人

デイトレーダーをやってる友人。何もない平和な日常よりも、企業の収賄事件なんかが
世間を騒がせてくれたらとても嬉しい、という変人。日々売り買いを秒速でやってのけてます。
彼も同じく、「高速」と「安定」と「レスポンス」を求めてインターネット接続は有線。
有線でないと、これはできない、そう言ってました。

ここ数年で、仮想通貨にも手を伸ばしたようで、その専用機はiPad。これには、無線接続しかない。
で、あまりWeb記事や他人が薦めるシロモノを信じることがない彼は、自ら試さないと気がすまない性格。

そこでポータブルのWifiルーターをいくつも契約(この人はお金持ってる)した。
固定費がずっとかかるから、多分、かなりシビアに検証した。結果、そこからベストな【モバイルWi-Fiルーター/ポケットWi-Fi】を選びぬいた、とのこと。今もガシガシ使ってます。

「好きなこと」を達成するための尋常ならぬ努力を参考にした無線Wifiの選び方

自分、システム関係の仕事をしていて、つくづく思うことがあります。
彼ら、偶然にも「環境の変化」によって、選びに選び、考えに考えて同じWifiを選びました。
お互いに人間関係はないのですが、同類というか、こだわりが強い彼らが、偶然にも同じゴールに到達しました。

申し合わせたように、同じWi-Fiを使ってるのです。

で、彼らのような「趣味や好きなこと」を達成するための、尋常じゃない努力というか、地味な検証作業で
同じものを使っているという偶然なる事実をもとに、職場の同僚から無線Wifiに関する基本的なことを聞きました。

すると、やっぱりおおいに納得。同機種を契約しました。

実は、めっちゃイーモバイル(古)、からの転身です。あれ、速度制限が半端ないシロモノでした。
月末に近づくと、Webすらろくに見ることができないトホホ状態の速度制限。ほぼ拷問状態です。

けども、変えた今は大満足。数年、コスパ的に考えてもとても良いです、最高です!と思ったので、
ふと、これって、大変な発見じゃない?と思い、シェアしたく書いてます。

ちゃんとしたガイドブックって、世の中けっこう少ないよ。

このWi-Fiの記事をマトモに書くきっかけとなった方が教えてくれました。

「Webに書かれてるちゃんとしたガイドブックって、けっこう少ないよ。」

ふーん。そんなもんかな、と考えて無線Wifiのことを調べていると、本当ですね。
なので、先に結論から。選択肢は1択。条件を満たすものはこちら。

【これが最強。モバイルWi-Fiルーター/ポケットWi-Fi】

ネットゲーマーが使ってるWifi。パソコン、PS4、任天堂Switch、スマホゲームなどのネットゲームに向いてて、
即レスポンスが求められるデイトレーダーも普通に使っている、コスパも最強のWiFi。WiMAX。

当然ながら、シビアに速度なんかを求めない動画閲覧やWeb閲覧は、これで十二分すぎます。
余談ですが、持ち運びできるWifiなので、家の中でも外出先でも使えます。

【BroadWiMAX】業界最安値2,726円!

理由を数点。
最大速度708Mbps / 月額料金2,726円 / 初期費用と端末代が無料
爆速。月額料金2,726円。データ容量は「月で100ギガ」まで使える!(一般利用としてはほぼ無制限の状態といえる)
※使いたい放題のギガ放題プラン。以下は、Wifiについてのあれこれです。

Wifi各社の比較一覧と項目説明

Wifiは生き物。いつも生存競争やってます。ので、一応、各社の比較一覧です。
ちなみに持ち運びできるWifiは「LTE系かWiMAX系」のどちらかに分けられます。
以下の実質料金は試算です。キャンペーンはちょくちょく変わります。
最後に必ず公式サイトで確認してから申し込んでください。

 月々なんぼ?
 通信制限?
 キャッシュバックとか
 しばりは何年?
 で合計いくら?
 スピードは?
 WiMAXとは?そしてLTEとは?
 エリアは?
各社対応エリアのチェックアドレス。

の項目で比較まとめをしました。これら、比較項目の説明は以下にずずっと書きました。

WiMAX系□3年□□□□
Broad WiMAX 月額3054円~ 無制限
WiMAX系□3年□□□□GMOとくとくBB wimax2+
月額3054円~ 無制限
LTE系□2年□□□□ネクストモバイル
ソフトバンク回線を使うためエリアが広いのが人気の理由。
地方の方や田舎によく行く方ならここ一択。
LTE系□3年□□□□ヤフーwifi
月額実質4323円 容量無制限プラン
□□□□□

 月々なんぼ?
 通信制限は?
 キャッシュバックとか
 しばりは何年?
 で合計いくら?
 スピードは?
 WiMAXとは?そしてLTEとは?
 エリアは?

月々なんぼ?

これは、はじめは安め、そしてあとは高くなっている価格表対策です。
めっちゃ安いじゃん、と大きくPRしてるけど、途中で値上がりしてるじゃん。
そんな悪どい表示を平均してます。本当の価格が比較ができます。

通信制限は?

通信制限をなくすプランやオプションがあります。結論からすると、通信制限を回避したければ
WiMAX系が断然お得です。「アドバンスオプション」の方が「ギガ放題」よりも高くなっています。

理由として、スピード変わらず早いし、対応エリアは変わらないし、通信制限解除プランを加算してもLTEと変わらない金額。
そもそもの毎月の基本料金がLTEにくらべて数千円も安いです。詳しくは下のほうに。

一方、LTE系で通信制限を解除したとたん、スピードは遅くなるし、エリアも半端なくせまくなる。
もともとの基本料金が高めなのに、踏んだり蹴ったり。詳しくは下のほうに。

まとめると、
【WiMAX系】は基本料金に通信制限解除プランが加算されます。
【LTE系】は価格は変わらず、契約内容を切り替えるだけ。

通信制限を解除するに、それぞれこんな呼ばれ方をします。

【WiMAX系】ギガ放題プラン、に加入。
【LTE系】アドバンスモード、に変更。

詳しいお話。
WiMAX系は、上限なしにしても、メイン回線の「WiMAX」を使います。「WiMAX2+」と呼ばれます。
一方、LTE系の上限なしはメイン回線の「4G LTE」ではなく「AXGP」を使います。

WiMAX系の上限なしは「ギガ放題」プランに加入する必要あります。

一方、LTE系の上限なしは「アドバンスモード」へ設定を変更するだけで、別料金はかかりません。

LTE系の「アドバンスモード」に変更したら、「AXGP」という回線を使うようになります。
これはデータ転送量を重視してますので、通信速度は二の次、三の次。スピードは、ほぼ1/3。
明らかに遅くなります。また、本来LTE回線は通信エリアがめっちゃ充実してますが、この「AXGP」となると
「WiMAX」回線のそれよりぐぐっと狭くなります。地方や国道沿いになると壊滅状態です。地方の方は要注意です。

高画質の動画を1日30分以上見る方は、速度制限でひっかかる可能性を秘めてます。
なので、WiMAX系を選んだ方が正解と言えます。

キャッシュバックとか

各社のキャンペーンとその時期や期間でいろいろ変わってくるので生モノですが、
割引を比較するに必要な項目、ってやつですね。

しばりは何年?

ケータイと同じで、契約期間のしばりですね。2年か3年のようです。
持ち運びできるWifiは充電池が消耗品、かつ商品としてのサイクルがとても早いです。
なので最短の2年にするのが賢いです。

で合計いくら?

キャッシュバックは生モノ。各社のキャンペーンは季節で変化します。
数年間で払う金額から、キャッシュバックを引いたもの。
実際にかかる金額ですね。

スピードは?

各社がサイトで公表してる最高速度。「最高○○Mbpsで通信できます!」としてますが、
ベストエフォートです。十分な性能があるんだ!と言ってるな、程度の感覚で十分です。

Mbpsとは

Mbps、聞き覚えのないアルファベットです。これ、メガバイト パー セカンド といって
一秒間にどれくらいのメガバイトデータを転送できるか、という業界用語。単位です。

Kb < Mb < Gb
キロバイト < メガバイト < ギガバイト
単位は1000倍で繰り上がります。
以下はシステム屋の感覚から、これくらいの程度でこんなことできちゃいますの目安です。

250kbps(mじゃなくてkです)→メールやラインができる。
500kbps(mじゃなくてkです)→Webページが見れる。
1Mbps以上→Webページはサクサク。
2Mbps以上→動画が見れる。

※2Mbpsで動画が見れちゃうんです。

よくフリースポットってありますよね。無料でWifi使えるとこ。
あのタダのWifi、実はめっちゃ速度が低いのです。超低速。
びっくりするくらい「え?この程度?」を複数人がつなぎます。
たとえば

・セブンイレブン-7SPOT 28.2Mbps 程度
・ファミリーマート 6.8Mbps 程度
・ローソンWifi 12.1Mbps 程度
・マクドナルドWiFi 22Mbps 程度
・ドンキホーテWifi 12.1Mbps 程度
・フリースポット-FREESPOT 7.5Mbps 程度
・コメダ珈琲Wifi 6.6Mbps 程度
・マツモトキヨシWifi 6Mbps 程度

あと、セキュリティーないので、はがきと同じ。人の情報、途中で抜き取ることできちゃいます。
老婆心ながら、地図を見る程度の利用でないと、ホント怖いです。

遅いし、怖いし、なかなかないし。

ベストエフォートとは

ベストエフォート、なんか最善・最高って感じしますよね。すごく頑張ってくれてるような。
けど、実際は「提示している通信速度は保証できないけど、なるべく、それに近づくよう努力をしていますのでご安心ください」
という意味の業界用語。反対用語でギャランティ型というサービスもありますけど、超高価。
常に一定の通信速度や品質を保証します、という通信サービス。

WiMAXとは?そしてLTEとは?

LTEとWiMAXは規格が違うだけで、どちらも持ち運びでき、無線でインターネットに接続できます。
「LTE回線」を使用してるものは「ポケットWi-Fi」。Ymobileが提供してます。
「WiMAX回線」を使用してるものは「モバイルWi-Fiルーター」とか言われます。UQコミュニケーションズが提供しています。
それぞれに、ある特徴があります。

LTEの特徴とは?

LTEの特徴:低周波数の電波で、減衰が少なく、障害物を回り込む。
競争がほぼないので、一般的に高価です。先発組です。

WiMAXの特徴とは?

WiMAXの特徴:直進性の強い電波特性を持ち、高速な通信速度がある。
自由競争中なので、一般的に安価です。後発組です。

WiMAX回線について知っ得情報

よくCMなどで耳にするUQWiMAX。UQコミュニケーションズ。WiMAX回線の提供元で、いろんなプロバイダがこのサービスを使って営業中です。「GMOとくとくBB」「BIGLOBE」「So-net」などのプロバイダがそれ。価格競争中なので、各社しのぎを削っています。
いくらUQコミュニケーションズからキックバックを受けてるか分からないのですが、いろんな値引き合戦からすると、赤字出しても顧客を囲みたい。強烈な自由競争の原理が働いているおかげで、いいものが安く手に入りますね。

エリアは?

対応エリアの地図はこちら

UQWimaxを契約する前にWifiエリアを確認できるツール

もともと、後発のWiMAXはまだまだ環境整備がパーフェクトではありません。途中の段階です。
なので電波が届く範囲を見ると、地方や山間部などはまだまだです、という感じです。

豆知識として、住む場所によって決まります。

なので、地方の山間部やここは田舎だなーという印象であれば、WiMAXは控えるべき時期。高めのLTEが選択肢としてあがります。
一方、都心部や住宅地であれば、両者の差はまったくありません。むしろ、通信速度がめっちゃ早いWiMAXのほうが良かったりします。WiMAXは後発なので人口密集地から攻めてるのですね。が、WiMAXの端末は、実はLTE回線も接続が可能なので、どこにいてもほぼ接続が可能と言われています。

あと、無線なので、スマホの圏内・圏外と同じです。同じような環境でも、立ち位置がちょっと違うと、
電波が届かない方角となり通信ができなくなったり、極端に速度が遅くなったりします。
ここらへんは実際に試してみないとわかりません。
ちょっと友人などに借りてお試ししてからにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)