上手な時間の使い方はたった1つ

良い習慣を身につけると、何かできそうですよね。
未来志向になる仕組みのヒントを得ました。

スマホの純正アラームアプリを使います。
「音を使って、生活をルール化」です。

上手な時間の使い方はたった1つしかない

上手な時間の使い方はたった1つしかない

上手な時間の使い方はたった1つしかない、の答え。

それは、いつかやろうと思っていたことを楽しく行動に移すこと。

いつかやろうと思っていたことを今やる。今できなければ、やれる仕組みをつくる。

ただ、これだけ。
人生はやりなおしできません。いつか、も来ません。

タイムトラベルで過去に行けるとしても、
自分の中を流れる時間を使って過去に移動します。
なので、過去は未来の時間で行くことになります。
結局やりなおしできません。
(アベンジャーズの映画より)

時間もったいなかったな。と思う経験って、誰もがあるハズ。
けど、ほとんどは自分で選択した結果の感想。

あのとき、こうしておけば・・・。
習慣になってないから、つい忘れるな。。。
意思が弱いからな。。。

そんなことが、ちゃっちゃと解決できます。

きちんと行動できる工夫。
日常に溶かす工夫。

そんな工夫を、ふとしたタイミングで発見しました。

時間を上手に使ってやりたいことを日常の生活に溶かす方法

この引用のとおり。

アプリを使います。iPhoneなら標準で入っている「時計」。

やることはとてもシンプルです。

やる時刻に「アラームを設定する」だけ。

あとは、音がなったらそのルールに従うこと。
音がなったら、その時間に決めたことを実行に移すこと。
これを毎日。

朝起きるためのアラーム。
から、
習慣化させるためのアラームに。

例えば、仕事中に2割の時間を確保したい。とき。
理由は、これまで積まれた仕事の整理と整頓と効率化のための仕組みづくりをしたいから。

本当に上手に時間を使うということ

本当に上手に時間を使うということについて、効果を計測される作業であれば、答えは「効率」です。

これまで時間の使い方が下手だったのもあり、生き方を模索するのもありで、
好んでビジネス書を読み漁ってきました。

優先順位を考える、
隙間時間を有効活用、
即決して即断する、
効率化。

などなどの文言にスポットライトが浴びてます。

けども、これはハッキリ断言できます。現代的迷信。
かなり疲弊します。

毎日完全体でエネルギーに満ち溢れてるのであれば、
何の疑いもなくできる内容です。

けども、いったん心が病むと、すべてストップします。
仕事が好きで仕事してる人でさえ、仕事が嫌いになります。

時間を上手に使ってきた人でさえ。
スケジュール手帳ぎっしりの人でさえ。

心を病んでしまったとき、
そもそも「何のために?」が明確でないと、
すべて積み木くずしのように抜け落ちますのが、この効率というもの。

人は効率では、はかれない。

あ、そもそもビジネス書が提唱してきた「何のために」の結論は、
総論で「資本主義経済で成功を収めるため」です。

けどもサラリーマンの「何のため」は「効率化」程度です。
効率よくした後に何が起きるか?

仕事できるねぇ。早いねぇ。これもお願いね。

サラリーマンの仕事には終わりがありません。
しかし本来の責任もありません。旧態依然の組織であればなお。
さらに古い組織であれば上に行けば行くほど、俺様。
気づく人がすべて傷つきます。

けども、最近、だいぶ時代が変わりました。
若い子は天才です。ゆとりバンザイです。

目的を見失って熱量を感じないサラリーマンがのたまう
「時間の使い方」は、まじで疲れます。

ここで言いたいのは、そういう視点の時間の使い方ではありません。

時間は自分の「いのち」そのものです

時間は無限だと思います。でもその時間を享受している自身にとっては有限です。
経過していく時間は自分の「いのち」そのものとなります。

なので、既出ですが、時間の上手な使い方はただひとつ。
どんなに下手くそでも、つたなくとも、たどたどしくても、

いつかやろうと思っていたことを楽しく行動に移すこと。

です。これに尽きます。

で、それを成し遂げるのは、あなたしかいません。
主人公は、自分です。

成し遂げたこと、頑張って突き進んでいることが
いくらか、世のため人のため、そしてお金になれば
人生は最高だと思うのです。

サラリーマンに伝えたい「時計」アプリの利用法

平日の自分がベストな時間帯にアラーム設定をします。2つ。アラームが鳴ったら、自分に投資する。そんな活動です。

仕事時間は8割。2割は自分への投資。
そう考えて仕事をまわすと、2割の時間で仕組みを作ることができます。

積極的につくる2割の時間のおかげで、8割の仕事に消耗しなくなる。
熱心の弊(一生懸命からくる弊害)でまわりを責める気持ちや時間がとれなくなる。

いいことだらけです。

2割の自分への投資は遊ぶとかFXやるとかではなく、8割の時間でやってた仕事を
効率化させる工夫と仕組みを考える時間。そして次の仕事を取りに行く時間。

仕事を取りに行くと、主体的に動けるので自分の采配する範囲というか、
思想を盛り込むことができます。結果、押しつけられたこと、でもなくなります。

さらに、これは効果があって、やることが降ってきたものではないので、精神的にも時間的にも安定します。何でも、効率的に「狩る」ことは、工夫が必要ですね。

サラリーマンなので、2割の自分への投資時間は小刻みで生まれがちです。
これを、主体的に狩っていこうと思いました。

とりあえずアラームは毎日、11:00と15:00にしてみます。
アラーム設定の図

関連記事

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)