100均の水やりスプレーボトルは超おすすめ【動画もアリ】

100均の水やりスプレーでワイシャツの黄ばみを防止できます。
洗濯前にシュッとするだけで、シャツの襟首はいつも真っ白。

スプレーボトルのシュッと感は病みつきになる爽快感です。

100均のスプレーと液体洗剤で解決できるワイシャツの汚れ問題

1分程度の100均スプレー動画です。

ワイシャツの黄ばみ防止グッズになります

襟首汚れには液体洗剤を入れた100均の水やりスプレーボトルがおすすめです。
洗濯前に毎回、噴霧します。毎日のことなので、毎晩スプレーしています。

100均のスプレーボトルは洗面台の掃除にも便利

これに入れるのは薄めた液体洗剤。洗面台の掃除に使いましたが、とにかく便利。
簡単にピカピカになりました。

以前は風呂掃除で使い終わった「カビキラーのスプレー」を代用してきました。
中身の入ってないスプレー単体なんて買うものじゃない、と思ってました。

が、100均の水やり用スプレーボトルは次元が違います。

水やり用だから、だと思うのですがスプレーの噴霧口には調整ツマミがあります。
これをまわすと、広角の噴霧ミストから鋭角の水鉄砲にまで広範囲に対応してくれます。
しかも握ると、親指の根元部分に気持ちよくフィットします。これは不思議な感覚です。

素晴らしいです、ダイソー。偉いです、ダイソー。

ケチらず、もっと早く気づいて買っておけば良かったと思います。

黄ばみの原因は皮脂の汚れがたまって酸化したもの

黄ばみの原因は皮脂の汚れが酸化したものです。放置し続けると黒ずみに変化します。

毎日洗濯機で洗っても、皮脂汚れは8割程度しか落とせないそう。
なので、残ったヨゴレの蓄積が時間とともに黄ばみに変化します。

お父さんが特別に体が汚いから黄ばむんだ、ということではありません。
世界人類みなそうなります。

ワイシャツに黄ばみがつきにくい環境をつくってあげる

なので、洗濯機に入れる前に、首や脇などの汚れにダイレクト噴霧します。
これを毎日続けているおかげなのか、ローテーションで着ているワイシャツは5年が経過。まだいけそうです。

黄ばみができてしまったら食器用洗剤で本格除去

くりかえしになりますが、黄ばみは皮脂ヨゴレが酸化したもの。酸化した油です。
酸化した油を攻略できたら、クリーニングに出す必要もありません。

なので、黄ばみがついてしまったら、この方法。
頑固な油汚れに有効な食器用洗剤の出番です。

1.食器用洗剤の原液をヨゴレ部分になじませます
2.半日くらい放置しておきます
3.お湯で洗い流します
4.洗濯機に投入して洗濯します
5.干して乾かします

かなり強力にヨゴレが落ちてることが実感できます。

おまけ。すごい石鹸があります

それはホームセンターの上履きを洗うコーナーに置いてある石鹸ウタマロです。

この石鹸で靴洗いをした経験のある方は納得されると思います。
とにかくこれを使ったら信じられないほど真っ白。新品状態になります。

このウタマロせっけんを使って、ワイシャツをもみ洗いすると、同じ現象がおきます。
新品同様のピカピカ状態。靴洗い用の石鹸ではなかったんですね、ウタマロせっけん。

ウタマロせっけん公式サイトより

ウタマロせっけんサイトイメージ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)