【体験談】転職時の面接では等身大の雰囲気で志望動機や自己紹介を語る人から採用が決まっていたので、その理由と対策についてまとめました。

転職活動中の歩み

質問さん
転職活動って、なかなか面接が突破できない。いつも書類選考は通るんだけどな。一生懸命やっているのに、どこが問題なんだろう・・・。

回答さん
そんなときは、面接官がどんなところを見ているかあらかじめ知っておくと良いかもしれません。

面接官が見るポイントは「等身大の雰囲気」です。ここでは採用を突破された方たちの共通点をまとめました。

以前、人事コンサルタント会社に勤務中、顧問先の中途採用の面接に立ち会うことが多くありました。
複数の現場を横断的にながめて発見しました「採用ポイント」が3つあります。

1. 飾らぬ等身大の中身が見えた
2. 雰囲気と熱量が爽快に感じた
3. 考え方や思想の方向性が心地よい

です。
転職時の面接は、自己紹介や志望動機などについての質問が必ずあります。
そんなとき、

「自分の雰囲気を味わってもらう!あとは好き嫌いの判断に任せよう。」

と考え、素朴に素直に自分の言葉で回答すると吉です。

しかし、そのふわっとしたつかみどころのない「雰囲気」というものを、どうやってつくるのか?
自身の転職時に試して効果があったものだけ、採用ポイントの順でまとめます。

ーーーーー
中途の採用ポイントは「雰囲気」感?採用現場で見てきた「事実」の積み上げをまとめた記事があります。
(→→転職時の面接で「転職理由」を語る前に知っておきたいこと【雰囲気がカギ】。また転職理由で心がツラいときは「学びからTI業界へ就業」を考えるべき社会情勢が到来した件も。
ーーーーー

転職活動中の歩み

面接の自己紹介では飾らぬ等身大の中身が見えると吉。

飾らぬ等身大の中身が相手に伝わる。
ためには「これからの人生絵図を地味に心に描いて」おきます。

理由として、面接のときに飾らぬ等身大の中身が見えると、その場の空気が安心感に包まれるからです。
そもそも面接は腹の探り合いに近いものがあります。本当のところはどうなの?という微妙な空気感をつくるよりも、自身のキャラクターと等身大の中身を前向きに見せていくことが、採用後でもスムーズかつ安心です。

でも、何も考えずに「飾らぬ等身大の中身」を素直に見せるのは、なかなか勇気がいることです。

なので、「これからの人生絵図を地味に心に描く」対策をしておきます。
つまり、採用後の未来像を細部まで語れるようにイメージします。

自身の未来像に、採用後の仕事を溶かしておく。これが面接のときに空気感で匂ってきます。

採用したら、こんな雰囲気が社内に持ち込まれるのか・・・。
言葉にするのが難しいですが、そんな雰囲気を感じてもらうことです。

では、具体的にどのようにするか、経験談をもとに考えます。

これは採用面接に立ち会ったときの光景です。影響をうけて、自身の転職時に実践したことです。

面接会場に40歳を超えた男性がやってきました。業界経験なし、スキルなし、募集年齢超えです。正直に「ダメかな」と思ってました。

が、その方の雰囲気がすごいのです。言葉や態度のすべてが謙虚そのものですが、弱くない。男性の雰囲気が会場をあたたかく包んでいました。

いつもは空気が張り詰めている面接空間です。なのに、これまで社長と一緒に仕事をしてきたかのような親しみのある笑顔で、ニコニコしながら「何でも聞いて」と座っています。

最後に自身のことを語ってもらうフリートークの時間が来ました。すると笑顔で語るその内容は未来体験。ホラ吹きのようですが、未来を語るのです。それも、いちいち社長のブログ記事から情報を引用して共感を誘う。

「え、あれ読んでたの?」とか
「そうだよねぇ」とか、面接会場にいた社長さんが素のツッコミを入れたりします。

そして談笑。こちらもニコニコ。

「なので、お互い◯◯で失敗した経験から、これからは◯◯の方向が御社にとっても私にとってもベストな選択です。これは内緒でお願いします。採用いただけましたら内緒でなくても大丈夫ですが・・・。」

こんな冗談まじりの提案まで出る始末です。

張り詰めた空気感が当たり前の採用面接会場で、皆が笑顔。
とてもあたたかい雰囲気の面接時間であったことを記憶しています。

結果、いうまでもなく採用。営業職系の募集であるなか、企画部門への配置となりました。

その数カ月後に開催した人事研修の場でも、面接時と変わらずの雰囲気。飾り気なしです。
本当に素のまま、憎めない、いい感じの方でした。

後日談ですが、「これからの人生絵図を地味に心に描いて」面談に挑んたそうです。自身の転職時、そのまま真似させていただきました。

転職の志望動機を語るときは雰囲気と熱量がポイント。

雰囲気を出して熱量も醸し出すには、断捨離筋トレミニマリストがヒントです。
これを実践すると、だれでも機械的に内側から滲み出る雰囲気を作り出すことができます。

「雰囲気があって」「熱量もある」印象は、シンプルに高評価です。

そもそも、自分の裁量ではどうすることもできない就職活動で、出口もわかりません。
必要に迫られてハローワークへ行くと、覇気のない人たちに混ざって、だんだん同化していく自分がいます。

毎日が日曜日。面接が決まった日以外は、適当な普段着生活。寝巻きのような私服でも一日中過ごせてしまう環境。毎朝通勤するサラリーマンと比べ、夏休みのような環境となりますので、びしっとした覇気が薄れていくことは否めません。

そう感じまして、転職活動中(数ヶ月間)、ストイックに心がけたことが3つだけあります。
その結果、雰囲気づくりにも効果があったと感じますのでご紹介します。

【内側からにじみ出るような雰囲気をつくる3つの方法】


・断捨離する。

過去に依存する思い出用品となってしまった年代モノの服を十分の1にする。
理由&根拠:過去の栄光に依存しない自分をつくると、今の環境に素直に向き合えるから。
これだけで、これから先のことだけに集中できました。
ーーーーー
「断捨離」の方法などをまとめた記事があります。
(→→断捨離の効果で雰囲気を改革。本当の自分探しにも終止符が!【手順あり】
ーーーーー

・ミニマリストになる。

シンプルで清楚かつ上品な同じ服。それを3セット買い、毎日着続ける(環境は断捨離でつくっておきます)。
理由&根拠:無職のときは見た目から気分や感情が崩壊していくので、これは必須と言えます。
ユニクロで買い揃えました。不思議な感覚ですが、毎朝、自分がイケてる感からスタートが切れます。
個人的に雇用保険はもらわずアルバイトをしていましたので、仕事というハリもありました。


・筋肉トレする。

運動になります。筋肉は嘘をつきません。積み上げたものは必ず自分のものになります。
理由&根拠:運動でドーパミングが出ます。これを毎日出すと勝手に自信がつきます。
これは良かったので今も継続中です。日常生活に運動を溶かすと体調が良いです。とにかく古典的な方法ですが、筋トレで自信が戻ります。本来の自分を取り戻すことができます。

雰囲気と熱量を醸し出すためには、断捨離筋トレミニマリスト
見た目をとおして自身の心につながる、そんな方法で内面が活性化していきます。

中途採用の面接では会社の思想や方向性にあわせると吉。

自身の考え方や思想には方向性があると思います。同じことが会社にもあります。
なので会社とベクトルをあわせるには、会社のニオイと代表者の生き様や思想をチェックすると良いです。

理由として、そこに広がる単語やフレーズは、社長の人生そのものです。また、それが会社が向いている方向であったりするからです。

面談時に発する言葉やその周辺からにじみ出たものが、会社の持つ思想に近しいものであれば「求めていた人材だ!」という強い印象が刻まれます。

これら、考え方や思想のベクトルをあわせるための具体策は、

①会社のWEBサイトに展開される社長のニオイをチェック
②使われている単語を素直に吸収して自身でも使うこと

これだけです。

言葉は生き方や思考そのものを表現します。

それを自身の言葉として使えるようになれば、面接での発言も自然と変化します。
結果、誰よりもズバ抜けて好印象となるので、採用確率がグンと高まります。

考え方や思想のベクトルをあわせるために

社長のニオイをチェックして、使っている単語を素直に吸収して使うこと、

を心がけてください。

まとめ:難しく考えずに、ただひたむきな雰囲気をつくることを優先しよう。

面接にテクニックは多少必要だと思いますが、それには絶対的価値はありません。
時代とともに陳腐化するものです。

自ら決めて、自ら動いて実践することに莫大な価値があります。

ここでは、
1. 飾らぬ等身大の中身が見えた
2. 雰囲気と熱量が爽快に感じた
3. 考え方や思想のベクトルが心地よい

これをクリアするためのに、人としての雰囲気をつくることが大事であることを考えました。
雰囲気を機械的につくる方法として、

1.飾らぬ等身大の中身を見せることができるよう、
自分の未来像に、転職後の仕事を溶かした絵図を語れるようになるまでイメージトレーニングする。

2.雰囲気を出して熱量も醸し出す状態にするために、
①断捨離して②ミニマリストになって③筋肉トレもする。

3.考え方や思想のベクトルをあわせるために、
WEBサイトに展開される社長のニオイをチェックして、使っている単語を素直に吸収して使う。

です。これら転職の面接対策には迂回生産的な印象になりますが、

もともとひとつひとつが素晴らしいものです。3つをかけ合わせると、本来の自分の雰囲気がどんどん湧いてくるようになります。

ご参考になれば幸いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)