雨漏りを修理する方法【DIY体験談】

雨漏りをDIYで応急処置していくまとめです。ポイントを押さえた材料と工法であれば結構長持ちします。

雨漏りを自分で修理する方法

自分で雨漏りを自分でなんとかしようと思ったら、まず雨漏りの原因となる場所を確認してみます。

雨漏りの原因特定は現場を見るしかない

そもそも危険な行為ですが、雨漏りの原因を特定するには屋根に登る必要があります。
素人では雨漏りの原因の特定は難しい、と言われますが、雨漏りの応急処置は素人でもできます。

応急処置が思いのほか「長く」持てば、自力で改修できたことになります。僕はそう思います。ただ、素人作業なので継続していく必要ありますが・・・コスト的には改修工事の1/100以下の費用です。

こちらの記事に、「はじめて雨漏りの被害にあった人が知っておくと良い情報」を経験談を通じてまとめました。
追加の情報収集などでお役立てください。

屋根からの雨漏りの場合は

屋根裏が見えれば、雨漏りのアタリをつけることができます。しかし、だいたい、天井の片隅がにじむという現象が多いかと思います。この場合、その天井上の屋根全区画を保全するのが素人補修の限界。

つまり屋根全体をブルーシートなどでくるむ・覆うのがベストです。

壁からの雨漏りの場合は

壁に亀裂があれば間違いなくそこからです。が、ときに「経年劣化」が原因のときもあります。
コーキングされた樹脂が日光でカピカピに乾燥して隙間ができます。台風などの暴風雨のときに雨漏りするような場合、そこが雨水の侵入口です。

窓枠からの雨漏りの場合は

壁と同じ現象です。窓枠は、壁に穴をあけて、サッシが埋め込まれています。なので、通常の壁面より一層コーキング箇所が多いです。壁と同じで、樹脂の経年劣化を疑うべき部分です。暴風雨のときにきわめて多くの雨漏りが発生します。

雨漏りの修繕は対象を問わず注意点は2つだけ

いろんな箇所が原因となる雨漏りですが、

  • 傾斜のある三角屋根
  • 傾斜のない平面屋根
  • 壁や窓枠などなど

これら、実は共通する注意点があります。2つだけです。

補修で共通する注意点2つ

1.防水効果のある材料で補修する。
2.経年劣化の元凶となる太陽光・強風対策を考えておく。

参考までに、利用する材料の検索について。
防水対策のキーワード:防水テープ・防水シート・塗料などが検索でヒットします。
紫外線対策のキーワード:UVシート・ブチルテープなどが検索でヒットします。

WEBで調べてみると、雨漏り補修業者さんのサイトなどで作業イメージが膨らんで良かったです。

なので「防水&太陽光&強風の対策を考えてDIYする」が最適解

ビニール袋とガムテープの組み合わせで雨漏りをとりあえず補修した写真を見たことありますが(個人的にも経験済み)、紫外線と雨風で1ヶ月もたないです。

簡単に、防水&太陽光&強風の対策を考えて補修材を選ぶ、です。
でないと、応急処置したところが数週間でダメになります。

なので、防水&太陽光&強風の対策を考えてDIYするときの良き商品名で説明すると、

1.大きな箇所であれば「UVシート」を「ブチルテープ」で貼っていく。
2.壁などの亀裂であれば油性コーキング剤の「ポリコーク」を塗る。

です。以下に使っている写真を掲載しておきます。

これが、素人が屋根修理を応急処置でDIYするに、安価かつ工数を減らす最適な方法と考えます。

ほか、実家の駐車場の屋根修理で使ったことありますが、ポリカーボネードの波板はすごいです。
30年ものあいだ、普通に太陽光紫外線に耐えてます。いまだ現役です。修理した理由は「強風」で破壊されたため、2枚ほど差し替えました。透明なところが修理後。不透明感なところが30年モノです。
ポリカの波板で駐車場屋根修理DIY

ホームセンターではポリカの波板はだいたい2,000円程度です。
ポリカーボネードの波板

こちらも導入しようと考えましたが、波板は固定するに土台(木材)が必要です。これを屋根全体にしきつめるとなると、大変。もし強風で土台(木材)から全部が飛ばされたら、大近所迷惑。怖いので今回は断念しました。

興味のある方は「ポリカーボネード 波板」で検索するとヒットします。ハサミで加工できますが耐久性がすごいプラスチックです。

実際に使ってみて良かった雨漏り屋根の修繕グッズです

実際に使ってみて良かった修繕グッズを写真付きでご紹介します。

雨漏り屋根のDIYグッズ1【ポリコーク】1000円くらい

これはコーキング材独特の「コーキングガン」は不要です。歯磨き粉のように手で絞り出します。
ポリコーク絞り出し写真
あとは適当なヘラで整えておしまい。耐候性のある表面皮膜をつくるので、ヘラなどで表面を整えます。
でも内部は硬化しないので、グリッと触ったら表面膜が剥がれてヌルッとします。
ポリコークをヘラで整える写真
いつでも繰り返し塗り直しできるので使うのもストレスなく簡単ですが、足で踏むと台無しになります。
今回はこの上からUVシート貼っておきました。

雨漏り屋根のDIYグッズ2【UVシート】2000円~20000円くらい

UVシートは紫外線加工されたブルーシートです。防水したい箇所にあわせて、適当な大きさに切り刻んでおきます。写真は、屋根のカドの劣化した防水シートめくれをなんとかしてる最中です。
ブチルテープの壁面写真

ブチルテープを貼った上にUVシートをかぶせました。
UVシート完成写真

雨漏り屋根のDIYグッズ3【ブチルテープ】1000円くらい

ブチルテープの写真
同じくカドをなんとか補修してる最中です。ブチルテープの両面テープはとても良いです。こんなところでも圧着するとバッチリとUVシートが張り付きます。
ブチルテープはってるところ写真

雨漏り屋根のDIYグッズ【無駄買いしました】接着剤関係

UVシート(ポリエチレン)とコンクリートの壁面や防水シートに貼り付けるため、ボンドを買いました。
最初は、プラスチックボンド。普通に売られるボンドや接着剤は、ポリエチレンは接着できません。
そして、それに気が付き、ポリエチレン接着用ボンドも買い求めました。
ボンドつけてる写真
実際に使って思ったのですが、接着剤が乾いて完全接着するまで、結構時間がかかるのです。

なかなか乾かない写真
これら接着も圧着(接着面に圧力をかける)しなければなりません。
やっと乾いた写真
これら作業時間が長くなる原因で、疲れました。
ふと思い、ブチルテープの両面テープを使ってみると、一発で解決です。
圧着の必要ありますが、足で踏んでOK。簡単です。

雨漏りを自分で修理する方法のまとめ

素人補修となるので、危険なことは禁止です。それから、
1.防水効果のある材料で補修する。
2.経年劣化の元凶となる太陽光・強風対策を考えておく。
の2点を考慮に入れておくと、以外にも応急処置が長く生きてくれます。

こちらもタイトルどおりですが、
はじめて雨漏りの被害にあった人が知っておくと良い情報」をまとめてあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)